レーシックの失敗例はクリニック環境が原因

レーシックにおける少々酷い失敗例なのですが、感染症を引き起こしてしまう可能性はゼロではありません。
特に多いのが角膜感染症と呼ばれているものであり、手術時に角膜に細菌やウイルスに感染をしてしまうのが原因となります。 これまでのレーシック手術の歴史の中で余計に視力が悪化してしまったり失明をしてしまうという事例は国内ではありません。
しかし目にメスを入れるので絶対にリスクは無いというワケではありませんので、レーシックのリスクは理解をしておきましょう。
レーシックにおきましての失敗例の多くがクリニック側の衛生管理が原因となっている事実があります。
このことから手術そのものの危険性と考えるよりも、クリニック側が大きな問題と言えるのです。

 

レーシックでのフラップの作成やレーザーの照射時におきましては、角膜が無防備な状態で出ていますので、その結果感染症を引き起こしやすくなっています。
なので消毒や滅菌などがクリニックでしっかり実施されているかが選ぶポイントとなるのです。



レーシックの失敗例はクリニック環境が原因ブログ:2022/9/27

今日は寝不足です。

5日旅行に行くので、友達と一緒に千葉へ
行ってきました。

サラダ寒天をもらったんだけど、
3`痩せて頑張ってたのに・・・って思ったら
パパに止められたらしい。

というか、ゼニカルやオルビスのダイエットシェイクに
頼るだけじゃなく、運動をしないとって言われたらしくて。

ステップボーイを買っちゃった♪って言ってた。

とりあえずはオルビスのダイエットシェイクは続けるみたいだけど、
体重計とにらめっこしていても、ストレスになる時もあるし、
好きなテンプラセットを我慢してばかりもよくないって
いわれたらしい。

たしかに、食べたいものをたべるのも、ストレス発散になるよね。

夜に仕事が終わって、夕方からの過ごし方は
人それぞれ。

休みも仄々しようとするのもよし。

だけども、それなりに遊びに行くのもストレス発散になるし、
楽しく過ごすのが一番♪

友達との買い物もストレス発散になったし、旅行も楽しみだけど、
今日も楽しく過ごせたから大満足。

お気楽なわたしと違って、頑張りすぎてしまう友達は、
規則正しい生活とか送れそうだけど、それもまた頑張り
過ぎてしまうところもあるから、上手に息抜きができないことも。

わき腹だって、そんなに気にしなくてもって思うけど、
自分にとってはきっと気に入らないんだろうなー。

ある意味、真面目というか・・・
見習わなければいけないところというか・・・

なかなかわたしには難しいところです



ホーム サイトマップ
レーシックとドライアイとの関係 目に疾患がある時のレーシック 最も気になるレーシックの治療費用 適性はレーシックの種類によって変わる