自分に見合ったレーシックの種類を把握

一般的なレーシックのフラップにおきましては衝撃に堪えれなくて外れてしまう可能性もあります。
そんな場合にはフラップを作成することなく、角膜の上皮のみを取り除いてレーザーを照射する手術であるRPKという治療法が適しています。 近いうちにレーシックを受けようと思っているのでしたら、大切なことはレーシックに関する知識を勉強するということです。
「メリット」「リスク」「術後の生活」などなど細かなところまでしっかりと事前に把握をしておくようにしましょう。
まず最初はどのような種類のレーシックが存在するのか、またその内容から自分に最も適している方法を探しましょう。
手術を受けることとなるクリニックの選択にもこれは大きく関わってくる問題となりますので、しっかりと事前確認をしましょう。

 

RPKの治療法というのは、角膜の厚みが足りていない人に適用されるレーシックとなります。
症状に合わせて理想となる治療方法を探していきますと、あなたに最も適したレーシックを見つけることが出来ます。



自分に見合ったレーシックの種類を把握ブログ:2022/10/02

もう10年以上も前になりますが、
おれの家に2匹の子ネコがやってきました。

一緒に生まれたらしく、
同じ段ボール箱に入って置かれていたのでした。

色んな意味で余裕がなかった当時のおれには、
とても飼う自信はありませんでしたから、
一ばんだけ泊めてあげるつもりでアパートに連れて帰りました。

秋祭りのよるでした。
新しく越してきたその土地では、
道祖神祭りという珍しいお祭りが行われていました。

珍しいお神輿を見ようと出かけて戻ってみると、
ネコが見当たりません。

居なくなったかもしれないと思うと愛しさが募るものなのか、
探し回っている間に、
おれは飼おうという決心が固まりました。

60分以上も探して見つかった時、
ネコたちは冷蔵庫の裏の部品のすき間に
体を寄せ合って眠っていました。

それから10年以上が過ぎ、
あの自信のなかったおれに、
ネコ達はたくさんの贈り物を残してくれています。

毎ばんくっついて眠り、
庭のある家に引っ越すなど
色んな問題をクリアしながら一緒に暮らし、
顔を見合わせて、泣いたり笑ったり…

そんな中で、
ネコ2匹がおれに見せてくれたこと、
おれにしてくれたこと、おれにさせてくれたこと…

それは、親密感、信頼、愛…といった
すばらしいもの全部を経験させ、
おれの中に育ててくれたことだったと言っても、
大げさではない気がします。

でも実は、
1匹がこの世を去るまで、
おれはあまりそのことには気付いていませんでした。

ごはんにも、健康にも気を使わず、
しかも悩み多い日々で、帰ってきても
泣いたり怒ったりしていた日がたくさんありましたから、
そんなおれを見つめ続けていたネコたちにも、
きっと悲しい思いをさせていたことでしょう。


ホーム サイトマップ
レーシックとドライアイとの関係 目に疾患がある時のレーシック 最も気になるレーシックの治療費用 適性はレーシックの種類によって変わる